e-learning SIG

e-lerning SIG

e-learning SIG座長:三ツ木 真実(小樽商科大学)

 「e-learning SIGは、英語学習のためのICTの効果的活用について実践的研究に取り組んでいます。 1ヶ月に1回または2ヶ月に1回の頻度でミーティングを行い、お互いの実践や情報を交流しながら、より実践的なICTの活用やe-learningの取り組みについて理解を深めてきました。 2019年度は、そうした活動を踏まえ、実践やレッスンプランを掲載したSIGウェブサイト(http://heles-web.x0.com/)の内容の充実、語彙学習アプリのQuizletの授業での活用に関するワークショップの開催、またGoogle for Educationから講師をお招きして英語教育におけるG Suite for Educationの活用・実践事例、及びGoogle Classroomを使った授業実践についてもワークショップを開催し、さらに活動の幅を広げてきました。また、そうした活動を通じて、毎年新たなメンバーも増えてきており、近年は特に高校の先生方のご参加が増えてきています。
 2020年度はオンライン授業のためのICT活用の需要が高まっている現状を踏まえ、オンライン授業に関する実践の共有、また実際の研究への取り組みも始まっています。e-learningやICTを使った英語教育に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にご参加ください。