Speaking SIG

Speaking SIG

Speaking SIG座長:山下 純一(函館工業高等専門学校)

 Speaking SIGは、これまで教科書に掲載されているSpeaking活動のtask性分析や実際の教育現場に即したtaskを用いた授業実践研究を約15年間積み重ねてきました。そして、昨年度それらの研究活動から得られた成果をもとに、全国英語教育学会第45回弘前研究大会課題研究フォーラム(2年継続)で「中学校におけるコミュニケーションタスクの実践-教科書に対応した活動の開発と授業展開-」というタイトルでタスクを用いた授業実践の発表をしました。
 今年度も新メンバーを迎え、新たにタスクを作成して全国英語教育学会課題研究フォーラムで行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で次年度持ち越しとなりました。 なかなかうまくSIG活動ができていない状況でありますが、新型コロナウイルスが落ち着いたら徐々に活動を再開していきたいと考えております。
 教員,学生に関わらず,小学校,中学校,高等学校でのスピーキング活動の研究・作成に興味がある方は,是非,ご一報ください。